本文へスキップ
ホーム トピックス メンバー 研究内容 研究業績 実験装置 ギャラリー アクセス リンク

 

Novel Nano-Carbon Science

 楠研究室では、炭化物の表面分解法によって得られる高配向カーボンナノチューブグラフェンをはじめとするナノカーボン薄膜の透過型電子顕微鏡による構造解析、新現象や新規物性についての研究を行うと共に、これらの材料のさまざまな分野への応用実現に向けて、世界トップクラスの研究を進めています。

 カーボンナノチューブ(CNT)、グラフェンに関する日本語解説記事(フリーダウンロード可能)はこちらから。高解像度版がご希望の方は、お気軽にw_norimatsu*esi.nagoya-u.ac.jp(*を@に変更してください)までご連絡ください。
 CNT:『表面技術2006』、『結晶成長学会誌2003』、グラフェン:『顕微鏡2015』、『結晶成長学会誌2010』、『結晶学会誌2009
 英語解説論文は以下の通りです。
1. SiC上エピタキシャルグラフェンのアドバンテージと将来展望(Phys. Chem. Chem. Phys.誌)
2. エピタキシャルグラフェンの構造的特徴と成長機構(J. Phys. D: Appl. Phys.誌)
3. SiC上グラフェンの成長機構に関する実験・計算結果(Semicond. Sci. Tech.誌, 2014 Highlight, free download)

4. SiC上グラフェンの成長・基礎物性・電子構造(J. Phys. Soc. Jpn..誌)

国際シンポジウムISEG-2017のご案内
最新情報一覧
2017年4月12日 楠美智子教授が、平成29年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞しました。詳細はこちら
2017年4月5日 新四年生が合流しました。
2016年11月8日 包研究員と岩田君の行った研究の論文が、Physical Review Letters誌に掲載されました。本文はこちら(Copyright APS)。
同誌の"Editor's Suggestion"に選ばれ、米国物理学会(APS)サイトでは"A New Way to Make Graphene"としてFeatureされました。APSによるSynopsis記事はこちら。Physics Worldによる記事はこちら
名古屋大学広報および文科省科研費新学術領域『原子層科学』からプレスリリースを行いました。日本の研究.comにも掲載されました。
リンク:名大プレスリリース原子層プレスリリース日本の研究.com
2016年11月7日 乗松助教が、インドのデリー大学で開催されたICTAM-AFM10で招待講演を行いました。
2016年10月4日 2月まで在籍していた包研究員の撮影した原子間力顕微鏡像が、第8回JSAPフォト&イラストコンテストで最優秀賞を受賞しました。詳細はこちら
2016年8月10日 International Workshop on graphene/SiC and Related Materialsを開催しました。当日の様子はこちら
2016年6月3日 International Symposium on Epitaxial Graphene 2017のウェブサイトを開設しました。
2016年5月21日 乗松助教が、スペインのサン・セバスティアンで開催された2D Materials Meetingで招待講演を行いました。
2016年3月30日 研究室を、新設された『研究所共同館II』に引っ越しました。最新の建物で心機一転です。4階にいます。

ご意見・お問い合わせは,w_norimatsu*imass.nagoya-u.ac.jpまで(*を@に変更してください)。
論文別刷りなどのご要望に関しても、遠慮なくご連絡ください。